カテゴリー: NEWS

DSC02240

ブラジル人学校のニッケン学園で出前授業をしました。

8月30日(水)PEARLS(パールズ)のメンバーが学校法人ニッケン学園へ訪問し、出前授業をさせていただきました。ニッケン学園は四日市市にあるブラジル人学校で、ブラジルでラグビーをしていたというジェルソン先生からSNSを通じて依頼があり、ラグビーを通じたブラジルと日本の国際交流、またラグビーの普及活動の目的で今回実現しました。
13歳~17歳までの約100名の生徒に迎えられ、はじめにPEARLSの紹介・メンバーの自己紹介をさせていただきました。続いて行ったラインアウトやスクラムなどのデモンストレーションでは、直接ラグビーを見たことが無かった生徒たちにとっては興味津々で、ワンプレーごとに拍手喝采でした。
ラグビーボールを使ったゲームに移ると、みんな上手にボールを扱いながら元気いっぱいに走り回り、大いに盛り上がりました。60約分という短い時間ではありましたが、生徒の皆さんと一緒に笑顔でラグビーを楽しめて、我々も良い経験になり充実した時を過ごすことができました。
今回お招きいただいたニッケン学園の校長先生を初め教員の皆様、このような機会を与えていただき大変感謝申し上げます。PEARLS(パールズ)は子供たちの体力向上とラグビー競技の普及のため、これからも積極的に出前授業を実施してまいりたいと考えています。

DSC01909

齊藤聖奈が「女子ラグビーワールドカップ2017」で代表チーム主将として大健闘!

「女子ラグビーワールドカップ2017」が、8月9日(水)~26日(土)アイルランドで開催され、4大会ぶりの出場となった女子日本代表(サクラフィフティーン)は、世界各国のラグビー強豪国と計5試合をこなし、11位という結果で大会を終えました。
PEARLS(パールズ)からは、齊藤聖奈選手(住友電装)が5試合全てにフル出場し、主将としてチームを牽引しました。大会を終えた齊藤選手は「ワールドカップという大きな舞台では、チャンスでトライをとれるかどうかが勝敗のターニングポイントだとわかった。今回の経験を次のワールドカップに生かして欲しい。これからも常にベストな力が出せるように頑張りたい」とコメント。大会中、時差もある中深夜遅くまでテレビの前で応援してくださったサポーターの皆様、本当にありがとうございました。
決勝戦は2大会ぶり5回目の優勝を目指すニュージーランドと、連覇を狙うイングランドとの対戦となり、41-32でニュージーランドが激戦を制し世界一に輝きました。
PEARLSとしては、これからも齊藤選手に続く世界で活躍選手を輩出できるよう、育成・強化を進めてまいります。

日本女子代表の試合結果は以下の通り
[予選プールC]
8月4日(木) 対フランス戦  14-72 ●
8月14日(月) 対アイルランド戦  14-24 ●
8月18日(金) 対オーストラリア戦  15-29 ●

[9~12位決定戦]
8月22日(火) 対イタリア戦  0-22 ●
8月26日(土) 対香港戦  44-5 〇

日本ラグビー協会HP
https://www.rugby-japan.jp/japan-womens/

女子ラグビーワールドカップ2017アイルランド大会 公式サイト
http://www.rwcwomens.com/

DSC02216

国体東海ブロック大会で優勝。えひめ国体出場を決めました!

8月19日(土)、静岡県裾野市で行われた国体ブロック大会に三重県女子代表として
出場し、愛知県と静岡県に勝利して見事東海代表の切符を勝ち取り、10月に行われる「
笑顔つなぐ えひめ国体」の出場を決めました。
静岡県代表との初戦は攻守において圧倒し34-0(前半22-0)の完封勝利。2戦目の
愛知県代表との試合は、後半相手の猛攻をしのぎ切り12-5(前半12- 0)で勝利し、
東海代表として本国体への切符を手に入れました。
今回も遠路応援に駆け付けてくださった三重県スポーツ推進局の皆様、スポンサー・後
援会の皆様、選手ご家族の皆様、そして大声でエールを送り続けてくれたジュニアメンバ
ー、他県に負けない皆様の大応援があったおかげで、我々は最後まで粘り強く戦うことが
できました。
「笑顔つなぐえひめ国体」の女子ラグビー競技は10月4日・(水)5日(木)に愛媛県久万
高原ラグビー場にて行われます。日本一を目指して、これから更にチーム力を上げて準備
をしてまいりますので、今後とも温かい応援、ご支援の程よろしくお願いいたします。

B364 - コピー

女子ラグビーW杯代表発表。齊藤聖奈は主将としてベスト8を目指す!

日本ラグビー協会は30日、8月9日からアイルランドで開幕する女子ラグビーワールドカップ2017に出場する日本代表28人を発表し、PEARLS(パールズ)からは、齊藤聖奈選手(住友電装)が代表チームの主将として選出されました。

4大会ぶりの出場となる世界ランク14位の女子日本代表(サクラフィフティーン)は、予選プールでフランス(同4位)、アイルランド(同5位)、オーストラリア(同6位)と対戦します。キャプテンの齊藤選手は「必ずベスト8入りを達成し、2019年の男子ワールドカップ日本大会に良いバトンをつなぎたい」と意気込みを語りました。

PEARLSが掲げる「三重から世界へ!」というスローガンのとおり、世界の舞台で活躍する齊藤選手に是非温かいご声援をお送りください!

 

【予選プールC】 ※日時は日本時間

8月10日(木) 3:45キックオフ vs フランス代表

8月14日(月) 1:15キックオフ vs アイルランド代表

8月18日(金) 1:00キックオフ vs オーストラリア代表

 

日本ラグビーフットボール協会HP

https://www.rugby-japan.jp/2017/07/30/wrwc2017_member/

 

女子ラグビーワールドカップ2017アイルランド大会テレビ放映情報はこちら

http://www.jsports.co.jp/rugby/womens/

DSC01768

流経大合宿強化試合は3戦全勝!

7月21~23日まで、流通経済大学ラグビー場にて合同合宿を実施しました。最終日にはシンガポール代表、韓国代表、千葉ペガサスと強化試合を行い、3戦全勝で合宿を締めくくりました。

国体を見据えた国内選手チームと海外選手主体のチームに分け、前後半チームを入れ替えて臨んだ今回の強化試合。近年東南アジアで頭角を出してきているシンガポールとの対戦では、21-12(前半7-5)で勝利。2試合目は太陽生命シリーズのコアチームである千葉ペガサスを24-5(前半5-0)で下し、最後の韓国代表との試合では31-0(前半12-0)の完封勝利をおさめました。

個々の課題はあるものの、チームとして徐々に成長し、しっかりと勝ち切る形ができるようになってきました。8月は夏合宿(菅平)を経て、8月19日(土)の国体東海ブロック大会(静岡県裾野市)があります。それに向けて更なるレベルアップを図り、まずは国体本戦出場の切符を勝ち取りますので、今後とも皆様の熱いご声援をよろしくお願い致します。

また、今回の合宿の我々をご招待いただいたRKU GRACEの皆様、グラウンドや試合設定、食事の面など多くのサポートをいただき誠にありがとうございました。これからも一緒に女子ラグビーを盛り上げていきましょう!

S__36946006

第5回 久万高原セブンズラグビーフットボール大会の決勝はPEARLS対決。Aチームが優勝、Bチームは準優勝!

7月15日(土)・16日(日) 、愛媛県ラグビーフットボール協会会長杯・第5回久万高原セブンズラグビーフットボール大会が開催され、PEARLS(パールズ)は2チームで出場し、優勝・準優勝を独占しました。

今年の「笑顔(えがお)つなぐ えひめ国体」の開催地となる、愛媛県久万高原町ラグビー場で開催された今大会には、主に四国・関西のチームが参加し、PEARLS(パールズ)はトップ選手を主体としたAチームと、ジュニア選手を主体としたBチームで出場しました。予選リーグAに入ったAチームは、愛媛ラガールセブンズ(A)、流通科学大学、鳴門渦潮高校(A)を圧倒し1位通過。予選リーグBに入ったBチームも愛媛ラガールセブンズ(B)、アタッカーレ岡山、鳴門渦潮高校(B)に3連勝して1位で予選通過を決めました。2日目の決勝リーグも両チーム順当に勝ち上がり、PEARLS(パールズ)同士の対戦となった決勝戦では、Aチームが29-7でBチームを下し見事優勝を飾りました。ジュニアメンバーを主体としたBチームも大健闘の準優勝を成し遂げ、充実した遠征となりました。

今後は夏合宿を経て、来月19日に控えた国体東海ブロック予選に向けてジュニアメンバーも含めチーム一丸となって強化を進めてまいりますので、引き続き温かいご声援の程よろしくお願い申し上げます。

DSC01607

ピリカモシリセブンズ大会で準優勝を果たしました!

7月8日(土)、9日(日) ピリカモシリセブンズ(北海道バーバリアンズセブンズトーナメント大会)に出場したPEARLS(パールズ)は、見事準優勝を果たし、大会を通じて最も印象を与えたチームに贈られるMIT(Most Impressive Team)も受賞しました。

太陽生命女子ウィメンズセブンズシリーズでも上位を占めるチームやNZからの招待チームも出場するハイレベルな大会にPEARLS(パールズ)も参戦。予選プールは東京フェニックスに24-0で完勝し、福岡レディースには24-21と接戦をものにして二連勝で1位通過。決勝トーナメント一回戦では自衛隊体育学校を19-0のシャットアウトで退け、準決勝はホストチームの北海道バーバリアンズディアナと対戦しました。完全アウェーの中、一進一退の攻防を制して19-17で勝利し、決勝の相手は圧倒的な強さで決勝まで駒を進めてきたNZワイカト州のHamilton Old Boys女子チームと対戦。結果は7-28で敗れましたが、PEARLSもトライを挙げるなど善戦し、国内チームの最高位の準優勝で大会を終えました。
今回は新たに加わった外国人選手と日本人選手が上手く融合し、戦略的に選手交代をしながら戦い、選手・スタッフが一丸となって勝ち得た準優勝でした。試合ごとに個々が成長し自信をつけ、これからの夏合宿・国体ブロック予選に向けて良い経験を積むことができました。
今大会の運営・準備にご尽力いただいた主催者の皆様には、素晴らしい環境で試合を楽しませていただき、大変感謝申し上げます。また、北海道まで応援に駆けつけていただいたスポンサー企業の皆様、いつも温かいご声援をお送りいただき誠にありがとうございます。PEARLSは今後も地域に根ざした女子ラグビーチームとして「三重から世界へ!」をスローガンに、更なる高みを目指し飛躍していきます。

大会結果はこちら≫≫≫

4R0B0161

PEARLSキックオフ2017 ~パートナー・後援会の集い~を開催しました。

6月22日(木)、四日市都ホテルにて「PEARLSキックオフ2017~パートナー・後援会の集い~」を執り行いました。チームは2年目のシーズンを迎え、パートナー企業様や後援会員様をはじめとした総勢120名の方にご出席いただき、新スタッフ・新選手のお披露目を含む今シーズンの新体制を発表させていただきました。

中岡代表理事の挨拶から始まり、名誉顧問である鈴木英敬三重県知事から激励のお言葉を賜り、パートナー企業を代表してPEARLS(パールズ)後援会長でもある住友電装株式会社の東専務よりご挨拶をいたいた後、三重トヨタ自動車株式会社の竹林社長による乾杯のご発声で、盛大にパーティが開催されました。

歓談の後、齋藤GMから昨シーズンの総括が述べられ、新スタッフの紹介があり、新たに顧問に就任した石垣英一(前三重県副知事)からの挨拶もありました。その後ジュニアからトップまで全選手が登場し、和田萌里ジュニアチームキャプテン、伊藤絵美キャプテンをはじめトップチームメンバーによる今シーズンの意気込みが語られ、最後に記虎監督より今年度の抱負が述べられました。

会の終盤にはトップ選手による楽しいパフォーマンスがあり、第三銀行の岩間頭取によるご挨拶で会を締めていただきました。

今回ご多忙の折ご参加いただきましたパートナー企業および後援会員の皆様、三重県関係者、三重県体育協会、三重県ラグビー協会、マスコミ各社の皆様、選手ご家族の皆様、ささやかな会ではございましたが、皆様との親睦を深めることができ大変感謝申し上げます。また今回ご欠席の皆様におかれましても日頃多大なるご支援・ご協力を賜り、誠にありがとうございます。PEARLS(パールズ)は地域に根ざしたクラブチームとして、皆様と共に地域の活性化に寄与してまいりますので、今後とも温かいご声援・ご支援の程よろしくお願い申し上げます。

 

DSC01462

滋賀県ラグビー祭で追手門学院VENUSと対戦しました。

6月10日(土)、皇子山総合運動公園陸上競技場(滋賀県大津市)で開催された「滋賀県ラグビー祭」にPEARLS(パールズ)もお招きいただき、追手門学院VENUSを相手に、ジュニアチーム及びトップチームによる2試合を行いました。

現在太陽生命シリーズで7位につける追手門学院VENUSとの試合は、現段階のPEARLSトップチームのレベルを測る絶好の機会となります。前半はPEARLSの勢いが相手を圧倒し、ジョージア選手、大島選手がトライで得点を重ね12-0で折り返しました。後半に入ると、足が止まってきてミスが増えたところを相手につけ込まれ、最終的には12-14で敗れました。トライ数は同じゴール差の惜敗でしたが、多くの課題がはっきりとした試合でもありました。今回の反省点をこれからの練習で改善し、次戦に向けて更なるレベルアップを図ります。

この度は、我々を招待いただきました滋賀県ラグビー協会の皆様、試合を受けていただいた追手門学院の皆様、そして遠路応援に駆けつけていただいたサポーターの皆様、誠にありがとうございました。

DSC01447

福井県女子代表チームと交流試合をしました。

6月4日(日)三重交通Gスポーツの杜鈴鹿にて、三重県ラグビーフェスティバルが開催されました。今回は、2018年に「福井しあわせ元気国体」開催を控えた福井県の女子選抜チームに三重県までお越しいただき、ジュニアチームとトップチームによる2試合を行いました。

高校生メンバーで挑んだ第1試合は20-0(前半10-0)で勝利、トップメンバーも加わった2試合目は36-0(前半14-0)で完勝いたしました。昨年から高校生メンバーも著しく成長し、近い将来トップメンバーに入って活躍してくれることでしょう。

今回遠路ご足労いただき交流試合を受けていただいた福井県代表の皆様、誠にありがとうございました。また協会関係者の皆様、応援に駆けつけていただいたご家族、スポンサー企業の皆様、大変感謝申し上げます。PEARLS(パールズ)はこれから本格的に7人制シーズンに突入し、目標に向かって邁進してまいりますので、今後ともよろしくお願い致します!