DSC04123

太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017入替戦で優勝!コアチーム昇格を果たしました。

女子7人制ラグビー日本最高峰の大会である「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」の入替戦が、11月18日(土)・19日(日)日本体育大学横浜・健志台キャンパスにて行われ、PEARLS(パールズ)が優勝し、見事来季からのコアチーム昇格を果たしました。

 

初日は各3チームの5ブロックに分かれた予選プールが行われました。プールCに入ったPEARLS(パールズ)は、世田谷レディースを48-0、福岡レディースを29-7で下し、上位8チームで行われる昇格トーナメントへ進出しました。

 

二日目の昇格トーナメント準々決勝では得失点差で上がってきた福岡レディースと最戦。序盤は固さが見られるも徐々に本来の動きを取り戻し29-5で完勝。そしてコアチーム昇格がかかった準決勝では、コアチームの常連だったRKUラグビー龍ヶ崎GRACEと対戦。相手の激しい攻めを我慢のディフェンスでしのぎ切り24-5で勝利。念願の太陽生命ウィメンズセブンズシリーズのコアチーム昇格を決めました。決勝戦では石見智翠館高等学校を29-0で圧倒し、先週の太陽生命富士山裾野大会に続き入替戦でも優勝を果たしました。

 

主催の日本ラグビーフットボール協会をはじめとする大会関係者の皆様には、大変感謝申し上げます。また、遠路寒い中応援に駆けつけていただいたパートナー企業の皆様、選手のご家族・ご友人の皆様、そして会場には来ることができなかったけど三重から応援してくれたジュニアチームのみんな、「One Team, One Line」の合言葉でチームが一つになりコアチーム昇格を達成することができました。本当にありがとうございました。来シーズンは太陽生命ウィメンズセブンズシリーズのコアチームとして年間総合優勝を目指します。今後とも皆様の温かいご支援・ご声援をよろしくお願い致します。

 

【大会結果はこちら】

https://www.rugby-japan.jp/2017/11/19/wss2017_irekaesen_result/