DSC03549

太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ第4戦で初出場優勝!大会MVPに伊藤選手が選出されました。

女子7人制ラグビー日本最高峰の大会である「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」の第4戦富士山裾野御殿場大会が11月11日(土)・12日(日)に行われ、PEARLS(パールズ)が初出場初優勝を果たしました。大会MVPには伊藤絵美キャプテンが選出されました。

 

今大会PEARLSは招待チームとして出場し、予選プールAでは今年の3大会で3連覇中のARUKAS KUMAGAYA、カ・ラ・ダファクトリーRugirl-7、チャレンジチーム(代表強化を目的とした主催者選抜チーム)と同組に入りました。初戦のカ・ラ・ダファクトリーRugirl-7戦で大会初勝利をおさめると、2勝1のプール2位でカップトーナメントへ進出しました。

二日目のカップトーナメント準々決勝では、YOKOHAMA TKMと対戦。粘り強いディフェンスで接戦を制し、12-7でベスト4入りを果たしました。続く準決勝では第1戦の秋田大会で準優勝の北海道バーバリアンズディアと対戦。攻守において相手チームを圧倒し、27-7で完勝。決勝へと駒を進めました。そしてカップトーナメント決勝戦では、昨年度の年間総合チャンピオンである日本体育大学女子ラグビー部と対戦。PEARLSが先制するとその勢いのまま得点を積み重ね22-12で勝利。招待チームで初出場初優勝を成し遂げ、設立二年目で奇跡の日本一に輝きました。

 

主催の日本ラグビーフットボール協会をはじめとする大会関係者の皆様には、招待チームとして我々を出場させていただき、大変感謝申し上げます。また、遠路寒い中応援に駆けつけていただいたパートナー企業の皆様、選手のご家族・ご友人の皆様、そしてジュニアメンバーのみんな。皆様と一緒に日本一を勝ち取ることができました。本当にありがとうございました。チームは来週に行われる太陽生命セブンズシリーズ入替戦に向け、気持ちを切り替えて目標達成に向けて邁進してまいります。温かいご声援の程よろしくお願い致します。

 

【大会結果はこちら】
https://www.rugby-japan.jp/2017/11/12/taiyouwss_susono_day2_result/