DSC02869

四日市メリノール学院ラグビー場のグラウンド開きが行われました。

四日市メリノール学院のラグビー場が完成したのを記念し、10月15日(日)にグラウンド開きイベントが開催されました。雨の中ではありましたが、約120名の参加者が集まり、小学生、中高生、PEARLS(パールズ)の交流試合が行われました。
 今年4月に創設された四日市メリノール学院女子ラグビー部。5月よりグラウンドの着工が始まり、先日ついにLEDナイター照明が完備された天然芝一面のラグビー専用グラウンドが完成しました。セレモニーで伊藤春樹学院長は、「パールズと連携して学院のラグビー部の充実を図ると共に、ラグビーを通して地域スポーツの振興に寄与していきたい」と話しました。また、元内閣総理大臣で日本ラグビーフットボール協会名誉会長の森喜朗様、同学院の卒業生で参議院議員の吉川ゆうみ様、三重県ラグビーフットボール協会の中岡昭彦会長よりいただいた祝辞もご紹介させていただきました。
今後はPEARLSのホームグラウンドとしても使用させていただき、ジュニア選手育成の場として練習、試合、合宿を積極的に実施していく予定です。四日市メリノール学院そして当学院のラグビー部が発展していくために、PEARLSも名実共に日本トップレベルになり、三重から世界へと飛躍してまいります。
最後になりましたが、雨の中ご参加いただきました四日市ジュニアラグビーフットボールクラブ、桑名ジュニアラグビーフットボールクラブ、大阪緑涼高校、Rugirl-7 WESTの皆様、誠にありがとうございました。また足元の悪い中お越しいただいたご父兄の皆様、マスコミの皆様にも大変感謝申し上げます。