DSC02240

ブラジル人学校のニッケン学園で出前授業をしました。

8月30日(水)PEARLS(パールズ)のメンバーが学校法人ニッケン学園へ訪問し、出前授業をさせていただきました。ニッケン学園は四日市市にあるブラジル人学校で、ブラジルでラグビーをしていたというジェルソン先生からSNSを通じて依頼があり、ラグビーを通じたブラジルと日本の国際交流、またラグビーの普及活動の目的で今回実現しました。
13歳~17歳までの約100名の生徒に迎えられ、はじめにPEARLSの紹介・メンバーの自己紹介をさせていただきました。続いて行ったラインアウトやスクラムなどのデモンストレーションでは、直接ラグビーを見たことが無かった生徒たちにとっては興味津々で、ワンプレーごとに拍手喝采でした。
ラグビーボールを使ったゲームに移ると、みんな上手にボールを扱いながら元気いっぱいに走り回り、大いに盛り上がりました。60約分という短い時間ではありましたが、生徒の皆さんと一緒に笑顔でラグビーを楽しめて、我々も良い経験になり充実した時を過ごすことができました。
今回お招きいただいたニッケン学園の校長先生を初め教員の皆様、このような機会を与えていただき大変感謝申し上げます。PEARLS(パールズ)は子供たちの体力向上とラグビー競技の普及のため、これからも積極的に出前授業を実施してまいりたいと考えています。