img_0408

2016希望郷いわて国体で5位入賞を果たしました。

10月6日(木)・7日(金)に釜石市球技場にて行われた第71回国民体育大会 2016希望郷いわて国体 ラグビーフットボール競技女子において、三重県代表のPEARLS(パールズ)は、5位入賞を果たしました。
今回のいわて国体で初めて正式種目となった女子ラグビー(7人制)は、各地域を勝ち抜いた10チームが3つのプールに分かれ、初日は予選プール、2日目は8チームによる決勝トーナメントにより順位が決せられました。
予選プールは優勝候補の大阪府・開催地の岩手県と同組に入った三重県代表。大阪府との初戦では前半立て続けにトライを奪いリードしたものの逆転負けを喫しましたが、岩手県との試合では完全アウェーをもろともせず圧勝し、Ⅰ・Ⅱプールの4位で予選を通過しました。
2日目の決勝トーナメント一回戦では、Ⅲプールを圧倒的な強さで1位突破した島根県との対戦。再三相手ゴール前まで攻め込む善戦を見せましたが惜しくも敗れ、5位~8位決定戦に回ることになりました。そこでベスト4の目標は絶たれてしまいましたが、気持ちを切り替え新潟県、北海道に勝利し、5位で大会を終えました。
選手のご家族や県・協会関係者の皆様、そしてスポンサー企業の皆様、三重県から岩手県まで応援に駆けつけていただき、誠にありがとうございました。多くの皆様の温かいご声援は、国体という初めての舞台で戦う選手たちにとって、とても心強かったと思います。チーム一同心より感謝申し上げます。目標としていたベスト4には一歩及びませんでしたが、今回の経験を活かして更なるレベルアップを図り、2021年「三重とこわか国体」では必ず皇后杯を獲得できるよう精進してまいりますので、引き続きPEARLS(パールズ)にご注目ください!

【大会結果】
http://kirokukensaku.net/5NS16/detail_33028100.html